« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第02話「ニューロピア炎上」 | トップページ | 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第04話「ソロ星脱出せよ」 »

伝説巨神イデオン鑑賞記録 第03話「激震の大地」

Ideon100501_1

 

今回の話の冒頭のナレーションで、島宇宙から島宇宙に移動出来るように
なって50年経っている事が分かる。

ちなみにナレーションはジョリバ役も演じている塩沢兼人氏。

地球から270万光年離れたアンドロメダ星雲にある地球型惑星A7(エーセブン)が
ソロ星である、との説明が続く。

そんなに遠くにあったのだね。

島宇宙から島宇宙へ、というのはワープ的な航行が可能になった意味だと思われる。

後で出てくるのかな?

 

この話は突然コスモの泣きのシーンから始まる。

父を亡くして泣いているのだろうが・・・遅過ぎないか?コスモ。

今まで全く気にもとめていなかったので、妙に唐突な感じがするのだが・・・。

この時のコスモとデクの会話で、第二発掘現場に逃げ込めなかった人々は
全滅したらしい事が分かる。

まぁそもそも移民が始まったばかりで5000人程しか人が居なかったからね。

 

カララの従者だったマヤヤ・ラウがカララを追って遺跡の宇宙船へ潜入する。

Ideon100501_2

てか、この人名前出すの忘れてた。

いや、すぐ死んじゃうのかと思ってたら意外と活躍してるもんで(笑)

「カララ様なら・・・」と行動を予想して宇宙船に潜入するワケだが、見事大当たり。

カララどんだけ無茶してきたんだよ・・・。

ちなみになぜカララと離れてしまったかというと、前回の話でイデオンを見て
「伝説の巨神が・・・!!」とか言ってビビッて逃げちゃうのだ。

 

宇宙船潜入後、案外あっさりカララと合流。

シェリルのイデオンという言葉を聞いてイデを知っていると判断したカララは
宇宙船を調査する事にする。

その際、マヤヤにポジションシグナルだけでも出しておくよう指示するのだが
これが宇宙船のブリッジでキャッチされ、ベスに見つかってしまうのだ。

またやっちまったか、カララ。

と思うが、結局このシグナルを追ってギジェ達が助けに来るので
まぁ仕方ないというところか。

 

新たなレギュラー登場なので紹介。

マラカ・ファード。

Ideon100501_3

なんか居たなぁという印象はあるが良く覚えていない(笑)

ただ、子供達が揃うシーンには良く立ってた気がする。

 

そして今後様々なドラマ(ゴタゴタ)が生まれる宇宙船のブリッジも初公開。

Ideon100501_4

ブリッジはドーム状の形をしていて、ぐるっと一周回れるような構造になっている。

中央のガラズ張りのドームの中には、なぜか緑があって木も生えているのだが
なんでかは知らない。

今後明らかになるのかな?

そもそも地中に埋まっていたので、艦内のあちこちに泥が溜まってたりする。

さすがにブリッジはちゃんと掃除したようだけどね。

そして更に画面が左へパンしていくと、ゲージが設置されているのが分かる。

Ideon100501_5

確かこのゲージの下辺りがコクピットになるんじゃなかったかなぁ・・・。

 

マヤヤの信号をキャッチしたギジェは、突撃隊の有志を募って
敵基地(宇宙船とはまだ知らない)に乗り込む作戦を立てる。

有志募集の際、生きて帰れる保障はないが、サビアの位を望むのも夢ではない
と話した。(必ず上げてやるとは言わないのね(笑))

サビアの位ってのが何なのかは不明だが、やはりギジェの後ろ盾(カララのパパ)は
相当にやるな、ってのがわかる。

Ideon100501_6

ちなみにバッフクランの男性の前髪はみんなパッツン。

軍規なのか慣習なのかは不明。

この募集に立候補する中の一人にじーさんがいるのだが、志願の理由が
嫁に行く娘の為の最後の一旗、となんとも渋い。

てか、普通こんな話いちいち挟まんよな。

こういうところもトミノちょっとやるなぁ、と思う。

 

一方その頃遺跡の宇宙船では、艦内を調査していたカララとマヤヤが
ベスと同行した一般兵Aに見つかる。

見つかった場所が機関室のようなのだが、マヤヤがエンジンらしき物を見て
「これは反物質エンジンですね」と話すシーンが出てくる。

物質と反物質を対消滅させてエネルギーを得る”アンチマターエンジン”が
宇宙船の動力源である事が分かる。

当然、このエンジンが作動すると、周りにある物は対消滅して(消えて)しまう(笑)

 

機関室らしき場所で怪しい動きをしていた2人を、ポジションシグナルを追ってきた
ベス達が発見し銃で動きを制するのだが、振り返ったカララの顔を見て
ビックリ。

当然カララもベスの顔を見てビックリ。

どうしてこんな所に・・・、とカララとベスが会話している最中に
マヤヤが素早く一般兵Aを打ち倒す。

Ideon100501_7

てか、迂闊だぞ!!一般兵A!!

どうせ2人が喋ってて、俺のターンじゃねぇな、ぐらいに思っていたに違いない。
まぁマヤヤもカララ着きとしてそれなりの訓練を受けているのだろうが。

そして味方が撃たれたにも関わらず、マヤヤを殴り倒して間に入ったカララを前に
ベスは発砲できず。

どんだけ惚れちゃったんだよ(笑)

 

で、結局マヤヤの銃は気絶させる事しか出来ず、一般兵Aは死んではいなかった。

「お前達は何者なんだ!地球人なのか!!」と問うベスに対して
「私達も地球人です。」と答えるカララ。

まぁお互いの母星が地球なんだから、翻訳上そうなるわな。

「民族の名前はバッフ族。バッフクランの女です。」と説明するカララ。

これによって襲ってきた異星人がバッフクランだと、地球人側には分かるのだ。

ベスはカララとマヤヤを人質として監禁するというのだが、もしかしてこれ内緒?

潜入者がまだ見つかっていない的は話をクルーがベスの傍でするんだけど
ベスが否定しないんだよね。

 

ギジェを含めた突撃隊がいよいよ攻撃を開始する。

戦闘機隊が陽動をかけ、その隙に歩兵部隊が艦内へ潜入。(ギジェも歩兵部隊)

攻撃が始まった際に、イデオンメカにシートを取り付けていたコスモは
(それまではパイプイスだった)、そのままメカを発進させる。

トレーラー状態で飛び上がり、「戦闘機に変形は?」と隣にいるメガネ君に聞くと
「右から1、2だ」と答える。(メガネくん:EDで確認したところ、マルス・ベント)

Ideon100501_8

遺跡のメカは分からない分からない、と言いつつ、こんなトコはバッチリ判明。

というか、実はコクピットのコンパネ自体がシェリル達による後付なので
調査段階である程度は判明したいたのだろう。

でなきゃ、コンパネなんて付けられないしね。

戦闘機隊に対して空中でイデオンに合体するのだが、カーシャに
「ドッキングしない方が戦い良いはずよ」と指摘を受ける。

正解。

だが当然そんな指摘は無視して合体するコスモ。

 

宇宙船艦内では潜入したもののベスによってシグナルが切られた為
カララの位置が特定出来ないギジェ。

そんな中、ある小部屋にロッタ達を発見するギジェと血気盛んな若造一般兵。

カララ様の居場所を教えろと詰め寄る若造一般兵だが、ロッタ達には何の事か
さっぱり。(そりゃそうだ)

業を煮やした若造一般兵はイキナリ発砲!

しかしバリアが発生してレーザーを跳ね返し、若造一般兵は蒸発してしまう。

Ideon100501_9

てか、そんな凄い威力の銃だったのか?

イデで200%増し?

何も持たない子供と女性の集団にバリアが発生するほどの科学力があるのかと
ギジェは愕然とする。

このままではカララ救出は難しいと判断したギジェは宇宙船を脱出。

その途中で出会った地球人を撃ち殺すが、その際バリアが発生しない事には
全く疑問を持たない。

 

取り敢えずバッフクランは退却。

いつもなら戦闘が終わると勝手に分離するイデオンだが、今回はまぜか人型のまま。

なのでコスモはコクピットで夕飯。

ベス達は遺跡の宇宙船で逃げる事を決意。

デクがその旨とコスモの乗るメカを”イデオデルタ”って呼んでいるって教えてくれるのだが
「名前なんてどうだったいいんだ!! ミサイルをよこせって!!」
・・・全く、怒鳴り過ぎだよコスモ・・・。

 

宇宙船の発進準備を進める艦内で、シェリルとベスの会話。

「反物質エンジンで動く宇宙船だという事は分かっているけど
 それだけではない何か、がこの船の中心部分の構造体にあって
 それが何だか全く分からないの」

「え? 分からない?」

「この遺跡を残した第6文明人の言葉を解く手掛かりを(船の)コンピュータから
 拾い出そうとしたのだけれど、専門的な記号ばかりで単語らしいのは
 イデオンという4文字だけしか分からなかったの」

 

「最悪の場合、反物質エンジンで脱出出来るかもしれん」

「・・・! それもそうね」

「しかし大地を溶かし、この船 宇宙船な これもダメになるかもしれん」

「でもやる価値はあるわ」

 

遺跡の宇宙船の中心部には解明できない構造物がある事、そして
反物質エンジンの機能が船体自体にも影響するかもしれない事が分かる。

 

その頃宇宙空間ではギジェの船に近づく宇宙船あり。

乗ってたのはこんなおっさん。(EDで確認したところ、アバデデ・グリマデ)

Ideon100501_10

どうやらギジェよりも偉いらしく、ギジェもかなりへりくだった言葉使いになっている。

カララ様救出に失敗したので敵の基地に自爆してお詫びを、と述べるギジェに
サムライたるもの死を急ぐばかりが能ではあるまい、と諭す。

てか、イキナリ玉砕のギジェもギジェだが、サムライって・・・。

 

発進準備を進める宇宙船に、再度ギジェが攻撃を仕掛ける。

コクピットでサンドイッチ食ってたコスモ達も発進。

しかしサンドイッチ好きだなぁ(笑)

 

攻撃の振動に怯えたハイパー・ルウが発動!(笑)

宇宙船のゲージが点灯する。

反物質エンジンの影響で周囲の物が次々と消滅していく中
大地を割って宇宙船が上昇する。

Ideon100501_11

イキナリ動いてビックリしたベスが機関室のジョリバに確認するが
まだエンジンは調整中との事。

「あんた俺達に何を隠しているんだっ!!」とシェリルに詰め寄るが
当然シェリルには隠し事なんかなく、そりゃあもう分からない事だらけ。
(まぁそもそも言語学者なんだけどね)

 

浮上した宇宙船を目の当たりにしたギジェ。

「地面から現れた!宇宙船が!
 なんだ・・・!? なぜわざわざ地面から・・・!!」

当然のセリフだよね(笑)

イデオンにしても基地だと思ってた宇宙船にしても、ロゴ・ダウの異星人が
造ったと思ってるんだから。

なんでわざわざ宇宙船を地面の中で造るんだよ、ヤ○トじゃあるまいし!
と思ったに違いない。

 

そしてED見てビックリ。

テクノ出てたのか!?いつ!?どいつだ!?

Ideon100501_12

  

次回 伝説巨神イデオン ソロ星脱出せよ

スペース ラナウェイ!!

|

« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第02話「ニューロピア炎上」 | トップページ | 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第04話「ソロ星脱出せよ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第02話「ニューロピア炎上」 | トップページ | 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第04話「ソロ星脱出せよ」 »