« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第03話「激震の大地」 | トップページ | 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第05話「無限力・イデ伝説」 »

伝説巨神イデオン鑑賞記録 第04話「ソロ星脱出せよ」

Ideon1005012_1

 

なんだか今回のコスモは少女マンガちっく。

Ideon1005012_2

 

攻撃を仕掛けたギジェだったが、何とかイデオンの追撃を振り切り脱出。

遺跡の宇宙船ではベス達が何で動いたのか分からずに右往左往。

どうもエンジンにはノーマルエンジンと反物質エンジンがあるようだが
両方とも調整中らしい。

そして発進のショックなのか、カララ達を監禁していた部屋の電子ロックが
例によって外れ(笑)、カララ達はは部屋から逃げる。

イキナリ発進したもんで、色々開きっぱなしらしい。

Ideon1005012_3

避難民の一人がカララ達に、飛ばされるから中へ入れと声を掛けてくれるが
「あの男は何を言っているのだ?」と、カララは華麗にスルー。

どうも翻訳機はイマイチのようだね。

遺跡の宇宙船はやる気を無くして結局不時着。

イデオンを収容して整備をする事になる。

 

一方のギジェ達はカララ救出の作戦会議中。

Ideon1005012_4

地球人を好戦的な種族とし、カララ様の身が危険だと判断したダミドは
総攻撃を提案する。

しかしギジェはカララ様は利発なので掴まってはいないだろうと予想。
(いや、しっかり掴まってたけどね)

攻撃して相手を刺激する方が危険だとダミドを制する。

結局アバデデの判断で、重機動メカの準備が出来るまで待機、という事になる。

ギジェの意見が採用されたワケだ。

これもギジェの後ろ盾のお陰か、とも思うが、このアバデデという男は
そういう権力になびく感じには見えない。

まぁ適切な判断だと思うが、当然ダミドは面白くないワケで・・・。

 

遺跡の宇宙船では甲板上で分離したイデオン各メカの武器の取り付けと
変形テストが行われていた。

ここでメカの名前が色々と出てくる。

ソルアンバーからデルタへ、とかイデオバスタがどうたらで、とか。

しかしさっぱり分からん(笑)

某氏なら完璧なんだろうが、俺は昔っからこのメカの名前がサッパリなので
それは別の記事としてまとめるとしよう。

恐らく本編を観ていても分からないので(笑)、それに関しては別途調べなければ
なるまい。

そして宇宙船の中では、ドーム状の施設の中にある森でロッタ達が寛いでいる。

Ideon1005012_5

「不思議ねぇ・・・ずっと洞窟の中にあったのに、ホウレン草が生えてる」

ロッタはこういった細かい事に良く気がつくタイプだよね。

お嫁さんにしたいタイプだね(笑)

カララもこの異常には気付く。

何百年も土の中に埋まっていたのに、なぜ木々がこんなに青々と生い茂っているのかと。

メインスタップの打ち合わせも、この森で飯食いながら行われたのだが
さり気なくナブール・ハタリ登場(右)。

Ideon1005012_6

彼もあの最期の名セリフに向けて一直線だね(笑)

ここでのメインスタップの打ち合わで、デスドライブという単語が初登場する。

別名を亜空間飛行ともいうらしい。

詳細の解説は次回のナレーションで実施されるので今回は省くが
そのデスドライブの座標合わせが上手くいけば、この遺跡の宇宙船で
脱出出来るようだ。

この後、迷子になったルウをカララが見つけ、ロッタに渡すシーンがある。

Ideon1005012_7

その後の展開を考えると、色々思うところアリだよね・・・。

 

兵装が完了したので、イデオンメカを発進させて武器のテストへ。

グレーンキャノン?とかの試射目標はフジヤマだ(笑)

誰が名付けたんだよ。

しっかし・・・これだよ?これ。

Ideon1005012_8

これのどこが遺跡なのよ。

黒いのタイヤだよなぁ、ゴムとか劣化しなかったのかなぁ。

まぁこれもイデの成せる技か(笑)。

その後ドッキングテスト。

イデオンは3機のメカが合体している。

Ideon1005012_9

先頭のメカが頭・肩・腕の部分になり、コスモが搭乗している。

真ん中のメカが胴体になり、ベスが搭乗している。

一番後ろのメカが足となり、カーシャが搭乗している。

このテストでカーシャが中々機体を固定できず、ベスに怒られていた。

それを聞いていたコスモ。

「へっ カーシャめ ザマァ~ミロ!!」

 

その頃バッフクラン側では、ダミドが独断で先行していた。

「カララ様の生死は問題ではない ギジェより先にカララを見つけるだけの事だ
 そうすれば、ドバ総司令もハルル様も、いやでも俺も見直すという手筈だ」

どうもダミドはギジェだけでなく、カララの事も良くは思っていないらしい。

時々様を付けずに呼び捨てにするところからも伺い知れる。

そして新たに出てきた名前。

ドバ総司令とハルル様。

先に言ってしまうと、このドバ総司令というのがカララの父親で
バッフクラン宇宙軍の総司令官なのだ。

そしてハルルはカララの姉にあたる。

 

勝手に出て行ったダミドに怒るギジェ。

やらせておけ、とアバデデは言うのだが、巨神は戦艦並みの装甲を持っており
とても強いのですと進言する。

ならばお前を援軍として出そうとアバデデは言うのだが、その後気になるセリフが。

「あまりカララ様には拘るなよ ギジェ」

「なぜです?」

「私はな・・・ いや・・・ 行くがよい!」

どうしたんだ?、アバデデ。

もしかして昔、お前もカララにイカれちゃったクチなのか?(そんなワケはない)

 

例の二本足メカで遺跡の宇宙船に取り付くダミドだが、これが宇宙船である事が
信じられない様子。

随行した一般兵もダミドの、宇宙船か?の問いに
「まさか 外宇宙船の規模はありますが、地上から発進するなんて・・・」と答えている。

ダミドも「我々の科学力では、ちょっと無理だな」と。

多分、バッフクランではこの程度の規模の宇宙船は、重力のある地上から
圏外へ脱出する為の推力が得られないのだろう。

なので、宇宙で建造して動かす、というのがパターンなのかもしれない。

そして恐らく、それはコスモ達地球人側も同じようなレベルと思われる。

この直後、ノーマルエンジンの整備が完了したので、遺跡の宇宙船が発進。

ダミドは取り敢えず宇宙船から離れ、巨神の存在も確認出来ない為
様子を見る事にする。

 

取り敢えず動けるようになった宇宙船は、ニューロピアへ移動。

使える物資を搬入する。

そんな中、マヤヤがカララに非常食をパクってくるのだが、飲み物がクレソン?とかで
食べ物がトラム?とか言ってる。

でも食べてるのはサンドイッチ(笑)

Ideon1005012_10

好きだね~、サンドイッチ。

しかし、クレソンって?

聞き間違いかな?

いずれにしてもバッフクランの呼び方なんだろうな。

この時、ニューロピアにわずかにいた生存者も救出されたようで
ブリッジに男が訪ねてくるのだが・・・

Ideon1005012_11

モエラ?

この船の指揮官は誰だ?と尋ねるのだが、「いません」とシェリルにあっさり。

てか、ベスって言ってあげれば良いじゃん、シェリル。

なんてやってたら敵襲。

先に乗り込んできたダミド達ではなく、後から援護に来たギジェの隊が
訓練中だったイデオンと接触。

何やってんだよ、ギジェ・・・(笑)

 

これを見たダミドは宇宙船攻撃を指示。

完全にイデオンと宇宙船は分断される。

 

ギジェは最後尾の1機(カーシャ搭乗)に攻撃を集中。

エンジンを1発破壊する事に成功。

巨神に合体させるのを阻止にかかる。

一方でベスは、空中戦は素人じゃ歯が立たん、なんて当たり前の事を
今更のようにぼやくのだが、ここでゲージ点灯!

合体サインが出てイデオンへ合体。

ギジェはバリアの存在に気付くが、エンジンを破壊出来た事で
倒す方法はあるはずだと確信する。

少なからずダメージを与える事に成功したギジェは、ダミドに援護を依頼。
(てか、立場完全に逆だし)

これにより、遺跡の宇宙船を攻撃していたダミド隊は、イデオンへ向かった為
宇宙船の攻撃が手薄になる。

ここでジョリバがカッコ良く、「よ~し、イデオンを助けに行くぞ!パイロット!」
と張り気きりを見せるが、シェリルに冷たくあしらわれる。

Ideon1005012_12

「無理よ 大した武器も積んでいないこの宇宙船で何が出来るの?」

まぁ正解(笑)

しかし「我々は軍人は・・・!」と食い下がるジョリバに
「私は民間人です無茶な事をしてこの船に乗っている民間人を無駄死にさせる事など
やってはいけない事よ」とシェリル。

そこへロッタが。

「そんな・・・冷たいわ シェリルさん! コスモやカーシャが心配なんです
 仲間を見殺しにするんですか!」

う~ん、良い子だねぇ、ロッタ・・・。

 

ギジェの攻撃でカーシャの乗るメカのエンジン=足をやられたイデオンは
バランサーが破壊されてしまったらしく、思うように身動きが取れない。

そこへ集中攻撃を加えるギジェ。

その時宇宙船のゲージが今まで見た事のない(シェリル談)輝きを見せる。

それと共に宇宙船が急発進。

援護にやってきた宇宙船に、「今頃きやがって!!」とコスモ。

お前ホント性格悪ぃなぁ(笑)

そこでなぜかベスが「宇宙船が呼んでいるぞ!」とニュータイプ的発言。

宇宙船が近づいた所為なのか、今まで上がらなかったイデオンのパワーが上昇。

コスモはイデオンを宇宙船に飛び乗らせる。

イデオンと宇宙船が接触すると反物質エンジンが全開に。
(それによって周りの山や海が一気に消滅(笑))

Ideon1005012_13

宇宙船の先が上向きに折れて、宇宙船がデスドライブに入る。
(先が折れる意味は全然無いような・・・)

一気に天に空に消えていく宇宙船を呆然と見守るギジェ達。

 

後にソロシップと呼ばれるコスモ達の宇宙船は 青空に消えたように見えた

                               by.ナレーション塩沢兼人

 

次回 伝説巨神イデオン 無限力(むげんちから)イデ伝説

スペース ラナウェイ!!

|

« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第03話「激震の大地」 | トップページ | 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第05話「無限力・イデ伝説」 »

コメント

なるほど・・・前半もポツリ、ポツリと観た事あるはずなんだが
なんだか初めて観た感覚・・・つーか「真説巨神・イデオン」
くらいの衝撃に襲われてます。
発動編の・・しかも「全裸だよ!全員集合!!」パートのみで、
「イデオン補完」した気になっちゃいますよね。

投稿: 戦艦長門 | 2010年5月 1日 (土) 20時58分

俺は全く観ていなかったので、全てが新鮮(笑)
まぁ接触編及び雑誌の記事などで、大まかなあらすじは
知っているつもりなのだけど・・・

今後の展開のキーになる部分を中心に補完していく予定なので
気長に読んでやってクレイモア。

投稿: かじお | 2010年5月 4日 (火) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第03話「激震の大地」 | トップページ | 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第05話「無限力・イデ伝説」 »