« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第07話「亜空間脱走」 | トップページ | 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第09話「燃える亜空間」 »

伝説巨神イデオン鑑賞記録 第08話「対決・大砂塵」

Ideon1005041_1

 

ギジェとアバデデの追撃を振り切ったソロシップは、デスアウトした場所に
あった惑星へ着陸する。

バッフクラン側では、グラム・ザンで追いかけてきたダミドが
アバデデ達と合流していた。

ハルル様に連絡がつき、増援部隊と共にこちらへ向かう準備に入られた、と
アバデデが告げる。

Ideon1005041_2_2

増援部隊を送り、且つ自らも出陣してくるなんて、ハルルはカララの事を
そんなに嫌ってないんじゃないかな、と思う。

まぁクチでは色々言っても本当は・・・みたいなのはパターンだしね。

トミノの場合当てはまらない事の方が多いが(笑)

 

そこで困ったのはギジェ。

カララ様を奪還出来ず、ロゴダウの宇宙船も巨神も倒せぬままの状態で
ハララ様に来られては、サムライの面子丸つぶれだ。

今焦る事はない、と言うアバデデだが、ギジェは俄然やる気。

ハルル隊のビーコン設定があるとかで、単独で出すが良いか、と
ギジェの出撃を承認。

勿論、ダミドは面白くない。

更にアバデデは、重機動メカ ドグ・マックまで貸すという高待遇。

しかもダミドは戦闘機でその援護。

いや~、確かにこれはやってられませんな、ダミドさん。

 

ソロシップが着陸した星は、恐竜モドキが住む原始的な星だった。

Ideon1005041_3

ソロシップとイデオンの修理に追われるクルー達。

そんな中、テクノとベントがソロシップの中にイデオンの部品を発見する。

しかも4台分!!

もう1台くらい作った方が・・・とも思ったが、置いとく場所も無いか・・・。

その際、ベントが
「早いとこイデオンの金属をコピー出来る様に、チームを作らにゃあな」と話す。

多分装甲の事なんだろうけど、特殊な金属が使われているらしい。

てか、金属以外が理解できる範疇の物質で出来てる方がすげぇ。

どんだけ親切なんだよ、第6文明人。

 

みんなが修理でピリピリしているところへ、お嬢様がのほほ~んとやって来る。

Ideon1005041_4

「あなた! この船の中を歩き回って良いと、誰が許可しましたか」

すかさずシェリルチェック(笑)

「別に閉じ込められもしなかったので、出ました」

はぁ、なるほど。

で、シェリルさんが一般兵を呼んで、ドームの林から一歩も出さぬように
見張っておく指示を出す。

カララさん、今回こんだけ。

そして予想がついたと思うが、デクとアーシュラもシェリルチェック。

 

そんなピリピリムードのソロシップに耐えかねて、デクとアーシュラは
探検の旅に出る。

Ideon1005041_5

うん、子供は冒険だね。

ファードも誘ったらしいが、彼は来なかったらしい。

正解(笑)

 

艦内ではロッタがデクとアーシュラを探していた。

リンの「好奇心いっぱいなんですもの ソロシップの中、ウロウロしているんでしょ」
のセリフにロッタのニュータイプの勘が働く。

 

その頃デクとアーシュラは、探検途中で出会った首長竜モドキの後について
更に森の奥へ入っていってしまう。

 

ガタマン・ザンからはドグ・マックが発進していた。

Ideon1005041_6

てか、アバデデは重機動メカ何台持ってんだ?

 

ファードを問いただしたロッタが、血相を変えてベス達のところへやって来る。

この星を探検に出掛けたらしいと聞いて、コスモがイデオンメカで発進。

ベスはカーシャにもコスモと一緒に探すように指示を出すが、面倒臭がるカーシャ。

多分ロッタに、ちゃんと見ていないから、ぐらいの事を言ったのだろう。

「あたしだってやるべき事はやっているわ!
 炊事洗濯、掃除に育児 家畜の世話に野菜作り
 これ以上あたしに何をやれって言うの!?」

あ~、確かに大変だね、それは。

地味だけど大変だね。

さしものカーシャも「分かったわよ!」と渋々発進。

ベスもイデオンメカで発進しようとするが、その様子をみたシェリルは
何もわざわざイデオンメカで行く事は無いと止めようとする。

「いけないか? メカ整備もした 3人でテスト飛行もしなくちゃならんしな
 最も、あのチビ共が好きだって事もあるがね」

Ideon1005041_7

とシェリルに答えて発進する。

「こんな時に子供の1人や2人と、ソロシップを天秤にかけられるワケないでしょう」
とシェリル。

ベスっていいヤツだったんだねぇ。

そりゃあカララも惚れるよね。

年齢設定はいくつなんだろう?

 

結局、イデオンメカ3台でデクとアーシュラ捜索が始まる。

良く来てくれたな、とカーシャにさり気なく声をかける辺り、やはり出来るな、ベス(笑)

まぁカーシャも、「シェリルやロッタと一緒にいるよりはマシだから」と
答えるのだが。

しかし、ハンドルの調整が十分でないようで、カーシャは一旦帰還する。

コスモは飛行形態で空から、ベスはトレーラー形態で地上から
捜索を開始した。

 

首長竜モドキの後を追いかけていたデクとアーシュラ。

巣に近づいた時、急に首長竜モドキが暴れだした。

どうやらステゴザウルスモドキが卵を狙っているらしい。

激しくぶつかり合う2頭。

Ideon1005041_8
※注 この映像はイデオンの画像です

2頭はもつれ合ったまま崖下へ転落。

ステゴザウルスモドキはそれでダウンした模様。

巣の近くには子供の首長竜モドキがいた。

興味本位で近づくアーシュラを必死で止めるデク。

そこへ親首長竜モドキが戻ってきて、アーシュラ達に襲い掛かる。

間一髪のところでコスモ登場。

首長竜モドキを牽制しつつ、アーシュラ達を回収しようとするが
遠くから首長竜の一団が猛然と向かってきた。

回収を諦めて2人を隠れさせ、一時浮上するコスモ。

首長竜モドキの一団は、コスモ達を素通りし走り去っていく。

その首長竜モドキが向かってきた先に、何かを発見するコスモ。

それはギジェの乗る重機動メカだった。

Ideon1005041_9

 

中々攻撃してこない重機動メカに業を煮やしたコスモは、イデオンメカを
突っ込ませる。

しかしギジェはそれをかわして首長竜モドキの巣のあった場所へ。

狙いはデクとアーシュラだった。

2人を人質に取るギジェ。

Ideon1005041_10

こいつらサムライとか言う割にはやる事汚いよね。

 

人質を得たギジェは、コスモに向かって決闘を申し込む。

「我がバッフクランはサムライであれば1対1の決闘を最も尊いものとする
 貴公がサムライならば決闘に応じて全ての決着をつけたい」

人質とって1対1ねぇ・・・と思うけど・・・。

決闘の証なのか、ギジェはコクピットから外に出る。

戦闘機で包囲していたダミドも、異星人が決闘に応じたら全機待機せよ、と
指令を出す。

決闘に応じるべく、着陸するコスモ。

「俺の方が決闘に勝ったら、ソロシップへの攻撃をやめてくれるのか?」と問う
コスモに対し、ギジェは

「いいや、断る 子供が相手では話にならん」と、そもそもコスモでは
決闘が成り立たないという。

勿論カチンときたコスモはナイフでギジェに切りかかるが
全く相手にならない。

ギジェもまともに相手にするつもりはなく、「やめないか!子供!」と軽くあしらう程度。

「貴様達はただ、異星人だからって俺達を襲って
 そのお陰で俺は両親を殺されたんだぞ!
 それを黙ってろって言うのか!!」

「一方的な言い草だな 被害を受けているのは我々の方だ
 なぜ抵抗する!」

「貴様達が来なけりゃ、戦いはしない!」

「分かった あの巨神とカララ様を返してくれるのなら我々は引き上げよう
 ベスとかいう男に伝えろ」

「良く言うよ そんな事出来るワケないだろうっ!!」

 

言ってる事はコスモの方が筋は通っていると思うのだ。

我々の方が被害を受けている、というけど、先に攻撃を仕掛けたのはギジェ側だし
そもそもギジェ達は軍人なのだ。

軍人が戦闘で被害を受けたからって何も言えない。

対してコスモ達は街を攻められ、何の関係もない民間人が多数殺されている。

サムライが無抵抗の人間を皆殺しにしちゃダメだろう?

 

まぁコスモも頑張るが、所詮子供と戦闘のプロ。

結果はコスモの負け。

Ideon1005041_12_3

しかしそこへベスが登場。

決闘は仕切りなおしとなり、ギジェ対ベスの対決が始まる。

あの1話の大活躍を見る限り、ベスも相当に出来る。

2人の勝負は互角だった。

そこへベスから連絡を受けたカーシャもやってくる。

その様子を見たダミドは、ソロシップが手薄になっていると判断。

ギジェが決闘中だという部下の制止を振り切り、戦闘機隊を率いて
ソロシップへと向かう。

「相手は異星人だ 約束を守るとは限らん」

 

突然飛び立ち始めた戦闘機隊に気を取られるギジェ。

そのスキを見逃さず、ベスはギジェの剣を弾き飛ばす。

Ideon1005041_13

「軍を引き上げさせる約束を果たしてもらおうか!」

「今のが勝負だと!?」

「貴様はサムライだろう! サムライに二言はないはずだ」

「目付けがいなくては、勝負は決められん」

その時ドグ・マックがアーシュラ達を締め上げ始める。

ドグ・マックにギジェと共に乗っていた爺やが、ギジェの危険を察知して
人質を盾にギジェを解放するよう要求したのだ。

「汚いぞ! 約束が違う!」とコスモ。

確かに汚い。

「これがサムライのやる事か」とベス。

「ナロブ(爺や)は私の部下だ サムライではない」とギジェ。

そんな屁理屈ありかよ・・・(笑)

 

ギジェ様を返さぬのか!、と更にアーシュラ達を締め上げるナロブに
ベスもセーバーを収めてギジェを解放する。

「やり方が違うのだよ 異星人共め」と捨て台詞を吐いてドグ・マックへ乗り込むギジェ。

 

正直、ベス達にしてみたら、全く納得のいかない形だろう。

どう考えてもバッフクランのやり方は卑怯だ。

そしてそれは悪態をつきつつもギジェ本人も分かっていた。

ダミドに気取られたとはいえ、負けは負けだろう。

 

その後、解放されたアーシュラ達を連れてイデオンメカに急ぐベスとコスモに
攻撃を仕掛けようとするナロブを制止する。

「これ以上、恥じをかかせるな
 私は今ダミドのお陰で恥をかいてきたのだぞ!

 異星人共が戦いの準備が出来るまでは待ってやれ」

 

コスモ達はイデオンにドッキング。

ドグ・マックとの勝負に出る。

 

一方その頃ソロシップでは、ダミドの攻撃が開始されていた。

「たかが子供2人の為に、ソロシップは無防備になってしまった」とシェリル。

Ideon1005041_14

 

ソロシップ攻撃の一報が、ドグ・マックと交戦中のイデオンにも入る。

早く決着をつけないとソロシップが危険だと、焦るパイロット達。

何とかイデオンキックでドグ・マック破壊に成功する。

Ideon1005041_15

大破したドグ・マックを捨てて逃げるギジェ。

あれ? じーさんは?

それを見たカーシャはベスとコスモにギジェを踏み潰す様指示。

しかしベスとコスモは黙って見つめたまま、イデオンを動かそうとはしない。

ギジェを追わない二人に業を煮やしたカーシャが、「私がやるわ!」と
イデオンを動かす。

Ideon1005041_16

しかしそれはコスモの制止によって、寸前のところで回避された。

「ヤツはサムライだ・・・踏み潰しちゃならん」とベス。

どんだけ良いヤツなんだ、お前は。

 

その後イデオンはソロシップの援護へ。

イデオンの攻撃により、ダミド隊は退却した。

 

「デク もう自分勝手に外に出るなよ?」と優しくデクを諭すコスモ。

胴体メカにベスと一緒に乗っていたアーシュラに、「(泣かずに)偉かったよ」と
声を掛けるベス。

ほっとしたのか泣き出すアーシュラ。

それをギジェはそっと抱き締める。

Ideon1005041_17

そこへカーシャからの通信が。

「ベス!コスモ! 答えてちょうだい! なぜあの男を逃がしたの?

Ideon1005041_18

 やっつけられる時にやっつけておかないと、いつまたやられるか分からない・・・

Ideon1005041_19

ぷちっ

 

「礼儀には礼儀をもって応える それがサムライだ」

Ideon1005041_20

って、いつからお前までサムライになった!?

 

次回伝説巨神イデオン 燃える亜空間

スペース ラナウェイ!!

|

« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第07話「亜空間脱走」 | トップページ | 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第09話「燃える亜空間」 »

コメント

あ・・・あのぅ・・・
歳とるのって・・・・嫌なもんでもあるね・・・
そんなだったっけ?イデオン・・・・
こなーだ観た「いなかっぺ大将」級に、「突っ込みドコ満載」じゃん・・・

投稿: 戦艦長門 | 2010年5月 4日 (火) 18時16分

まぁイデオンの真骨頂はこれかたらだろう?
突っ込みどころは・・・まぁしょうがない。

いなかっぺ大将は、そもそも突っ込む為のものだから。

投稿: かじお | 2010年5月 4日 (火) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第07話「亜空間脱走」 | トップページ | 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第09話「燃える亜空間」 »