« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第16話「必殺のダミド戦法」 | トップページ | いいのかな? »

伝説巨神イデオン鑑賞記録 第17話「激闘・猿人の星」

Ideon1005241_01

 

前回のデスアウトで猿人の星に着陸したソロシップ。

コスモとカーシャが命令違反の罪で独房入りした為、代わりのパイロットが
イデオ・デルタとイデオ・バスタの操縦訓練をしていた。

が、やっぱ慣れない分イマイチ。

さすがに檻の中に10日間そのままってのはキツイと思われたのか
檻の前にはモニターが置かれ、そのモニターには訓練の様子が
映し出されていた。

Ideon1005241_02

「ベスのヤツ! 俺達を本当にお払い箱にする気だ」

「こんな事で、自分を守るのを人任せにするなんて イヤだわ」

「なら ベスの言う事を聞くんだな」

「人の言いなりになるのは、もっとイヤよ!!」

 

宇宙空間ではドロワ・ザンへ1隻のグラム・ザンが接近していた。

艦長は復活のギジェ・ザラル。

Ideon1005241_03

どうもギジェはロゴ・ダウ調査で何かを得たようだ。

 

ドロワザン艦内では、異様なスーツとマスクで剣技の訓練が行われていた。

Ideon1005241_04

声で女性と分かる剣士が郡を抜いて強く、次!と声を掛けるも
誰も名乗りを上げない。

そこへ、「私が」と一人の剣士がやってくる。

互角の戦いを見せる二人。

女性剣士が投げ飛ばすものの、相手の剣士は華麗に宙を舞い、見事に着地した。

「腕を上げたな、ギジェ」 マスクを外すハルル。

「ありがとうございます」 同じくマスクを外すギジェ。

 

ソロシップではブリッジのベスの元へ、ロッタがルウを抱いてやってくる。

ルウが熱を出してしまったらしい。

風邪とは違うというロッタに、シェリルも心配そうだ。

ベスが看護兵を呼び出す。

ルウは医務室?のような場所へ。

そこへ看護兵を連れてリンがやって来る。

Ideon1005241_05

熱が高く、麻疹だと診断する看護兵。

Ideon1005241_06

てか、ラポー!(左)

ファム・ラポーじゃないか!!

今までどこ行ってたんだよ(笑)

こんなに登場遅かったのか・・・。

 

ラポーが言うには、ルウは麻疹にかかっており、ワクチンが必要だという。

そんな病気が残っていたなんて、とシェリルが言うところをみると
この時代では、ほぼ絶滅したウィルスのようだ。

どうなるの?と問うロッタに、放っておくと死んでしまう、とベス。

ラポーも高熱が4日以上続くと危ないと言う。

でも、ラポー?

ワクチンは予防の為でわ?

他の人に移らないようにって事か?

 

病室を出たベスとシェリル。

「ベス」

「ん?」

「ワクチンのある所に行かなきゃいけないってワケ?」

「他にも何か良い方法があるかもしれん 調べてもらう」

「そうね あると良いわね・・・」

 

ドロワ・ザンではギジェがハルルにロゴ・ダウの調査結果を報告していた。

「ロゴ・ダウの異星人の船が埋まっていた地点 巨神メカの地点
 この2つの点から四方へエネルギーのような物が飛んだ跡が発見されたのです」

Ideon1005241_07

「エネルギー?」

「はい

 これがその地面の中から発見された、エネルギーの通った跡と思われる物です」

Ideon1005241_08

「しかもその跡は、ロゴ・ダウの反対方向にも突き抜けております」

Ideon1005241_09

「イデのエネルギー」

「恐らく」

 

1枚目の画像と3枚目の画像の赤い線が、エネルギーの放射された方向だろう。

3枚目の画像は星を突き抜けるどころか、付近の衛星にまで飛んでいる事が分かる。

2枚目の画像でギジェが、”これがエネルギーの跡”と言っているが
実際に地面にこのような線が描かれていたのかは不明。

 

「イデそのものが、どのようなものか分からぬというのか」

「はい 分かった事と言えば・・・」

「異星人の持ち出したメカニズムに、イデのエネルギーが存在する、という事だな?」

頷くギジェ。

「そして恐らくそれが、イデなる力をコントロールするメカニズム」

「ううむ・・・ 我々の手に入れなければならぬな 全力を投入して」

「はい」

Ideon1005241_10

「しかしな、ギジェ
 宇宙そのものを破壊するかもしれぬエネルギー体が、あんな小さな船の中に
 封じ込められているものなのか・・・」

 

惑星を突き抜けるどころか、宇宙すら破壊するほどの莫大なエネルギー。

そんな力を持つイデの正体とは・・・

 

一方ソロシップのブリッジ。

修理の指示が飛び交う中、シェリルがベスへコスモ達の脳波測定結果を
報告していた。

Ideon1005241_11

「イデオンのパワーアップと乗っている人の脳波結果ね 一致するのよ
 特に前の戦いの時、デクが乗っていたでしょ?」

「そう言えば、コスモはだいぶエネルギー変化があったと言っていた」

「イデのパワーは人数と関係があるのかしら」

 

なるほど。

より大勢の人が危険を感じた時に、イデオンがパワーアップしているのではないか
と、シェリルは判断したワケだ。

 

イデオンメカを手に入れる為、ギジェがジグ・マックとズロウ・ジックの部隊で
ドロワ・ザンから発進。

迷い無く出撃するギジェに、カララの事は吹っ切れたようだな、と安心するハララ。

Ideon1005241_12

これだけの大部隊を預けて下さったハルル様のご信頼に応えねばならん、と
全軍を鼓舞するギジェ。

でもやっぱりゼロ・ズロウにはハーケンを積んでるようですよ(笑)

 

独房ではカーシャがコスモに身の上話をしていた。

Ideon1005241_13

カーシャは両親と離れ離れにされ、子供だけで育てられたらしい。

最初に移民した星が夏と冬しかない酷い所だったからだそうだ。

開拓が始まったばかりのソロ星だったけど、自分が育ったA92に比べれば
天国だったと語るカーシャだが、コスモはナイフで檻に穴を開けようと試みていた(笑)

でも無理だったらしい。

 

そこへカララとリンが食事を運んでくる。

食事が摂れる事を喜ぶコスモだったが、持ってきたのはパンと一杯の飲み物のみ。

これだけ?、とコスモがっくり。

罰ですから、と言うカララに対し、何が罰よ!と怒鳴るカーシャ。

こんな所に居るだけで屈辱だと怒鳴るカーシャは、出られるようにベスに
掛け合って欲しいとリンに頼む。

だが、それは違います、とカララ。

みんなあなた達に期待しているから、お仕置きするんでしょうと諭す。

異星人に何が分かるのよ!と怒鳴るカーシャに、それは言い過ぎよ、とリン。

だがカララは、良いのよ、と言う。

「この中に入れば誰だって、卑屈になります イジけもします」

「悔しいだけなのよ!」

「それが人の肥やしになるんじゃなくて?
 カーシャのその気持ちはみんなが認めています 強い子だと」

それをパン食いながら暢気に聞いていたコスモが一言。

「そうだよ カーシャは強い子だ」

「バカにしないで!!」

そしてリンが追い討ち。

「カーシャ パンは1日3回に分けて食べるのよ?」

 

ルウが心配なので戻ります、というリンに、どうしたの?とカララに尋ねるコスモ。

麻疹という病気らしい、と答えるカララだが、コスモも麻疹は知らなかった。

 

ソロシップのブリッジではハタリが”アジアン星”と連絡がつきそうだとベスに報告。

そこへ敵襲の知らせが入る。

 

イデオンメカを発進を指示するベス。

その様子をモニターで見ているコスモとカーシャ。

 

各メカに素人パイロットが乗っていて、みんなビビリなので逃げてばっかり。

ん?

イデオ・ノバは何でモエラがコパイやっちゃってんの?

お前は普通に操縦しろよ(笑)

 

どうやら今回の作戦では、ギジェにはドッキング破りの秘策があるらしい。

Ideon1005241_14

ロゴダウの地中に埋もれていた謎の粒子を試してみる、と言うが・・・。

 

てか、何だよ、謎って(笑)

 

逃げ&防戦一方のイデオンメカ。

イデオ・デルタでテクノがグレンキャノンの砲座に座るのは仕方ないとして
イデオ・バスタではベントもコパイやっちゃってるし。

確かに今までコパイ専門だったかもしれぬが、全くの素人くんよりマシだろ?

 

ブリッジではベスが吼える。

「イデオンの各機へ伝えろ! 逃げ回っているだけでは敵は倒せんとな!」

それに対し、コスモ達のように慣れていないんだから無理だ、とハタリ。

優しいなハタリ。

でも戦場ではそれじゃあ生き残れない。

考えてみると、防御系が充実しているイデオンのような戦闘メカには
コスモやカーシャのような性格のパイロットは向いているのかもしれない。

 

ゲージの反応が低い為、シェリルが脳波測定器を使って解析しようとするが
その作業をカララに手伝ってもらう。

ゲージが点かない事を変だと思わない?、とカララに相談するあたり
シェリルの中でだいぶ割り切れたのだろうか。

このままカララには打ち解けていってもらいたいなぁ。

カララ良い人だからなぁ。

でもイデオンだから、そうはいかないのかなぁ(笑)

 

イデオンに近づき、デスドライブでアジアン星へ脱出しようとするベスだが
敵の攻撃が厚く、簡単にはいきそうにない。

そんな中リンがルウの熱が上がったとベスの所にやってくるが
さすがにこの状況ではソロシップの指揮が優先だった。

カララは重機動メカに接近できないか、とベスに尋ねる。

「一瞬でも敵の気をそらせば、イデオンを着艦させる事が出来るでしょう」

「カララ バッフクランを敵と言うのか」

それに対して、黙ってベスを見つめるカララ。

「その隙にコスモ達をイデオンに乗せて戦わせるのも、デスドライブをかけるのも良いでしょう
 レーザーで雲に私の姿を映せましょうか?」

 

檻から出されるコスモとカーシャ。

Ideon1005241_15

しかしカーシャは出ようとしない。

怒鳴るコスモだが、戦いが終わればまたここに戻されるのだ、と答えるカーシャ。

私はベスやシェリルの奴隷じゃない!、人形じゃない!、同じ死ぬならここで死ぬ、と。

コスモはイデオンに乗るべく甲板へ急ぐ。

 

意固地になっているカーシャを、シェリルが優しく諭す。

「カーシャの気持ちも分かるけど、みんなで生き残る事を考えないと、すぐに死ぬわ」

「どういう事?」

「あなた一人の力で勝ち抜いてきたワケでもないのだし、コスモだって
 あなたがいなければ危険な目に合うんじゃないかしら」

「なのに みんなであたしをこんな所に入れたわ!!」

「分かってほしいからよ、それは」

 

レーザー投影機でカララの姿を映すべく上昇するソロシップ。

その際、ソロシップの加粒子砲がジグ・マックを直撃、撃破する。

すげぇぞ砲撃手!

重機動メカを艦砲射撃で破壊したのは初めてなのでわ!?

 

しかしジグ・マック2機に捕獲されるイデオ・バスタ。

そこへカララの姿が雲に投影される。

Ideon1005241_16

思わずイデオ・バスタを離しちゃうジグ・マック(笑)

病気のルウを理由に、サムライの情けで停戦を申し入れるカララだが
異星人の脅しだ、と無視して攻撃を続行するギジェ。

しかし敵の隙を作るには十分だった。

ソロシップに着艦したイデオ・デルタに乗り込み、発進するコスモ。

その際、イデオ・バスタにカーシャが乗った事を聞き、喜んだ。

追い詰められていたイデオ・ノバを援護し、救出するコスモ。

しかしゲージは点灯せず。

 

動きが良くなったイデオンメカに、ギジェはあえて後退してドッキングを
させるよう各機に指示を出す。

例のドッキング破り作戦だ。

 

ドッキングフォーメーションに入るイデオンメカだが、やはりゲージは点灯せず
パワーは上がらない。

そこへギジェが謎の粉を振り掛ける(笑)

バリアが消滅していくAメカ。

パワーが上がらず、合体形態のBメカも失速していく。

Ideon1005241_17

「思った通りだ! ロゴ・ダウで手に入れた謎の粒子が、バリアを殺してくれた」

すげぇよギジェ、良くそんな風に使えるなって分かったよ。

 

落下していくBメカを捕獲するジグ・マックとゼロ・ズロウ。

後退の為、ギジェのジグ・マックが防衛線を張る。

 

全くゲージが点かない事に疑問を抱くシェリル。

カララも早くデスドライブでこの星を脱出しないと、とベスに促すが
Bメカが捕獲された状態ではそれもままならない。

コスモとカーシャが頑張ってくれている、と2人の戦いに期待するしかなかった。

 

抜群のコンビネーションでギジェを突破するコスモとカーシャ。

捕獲しているジグ・マックにコスモが攻撃を仕掛け、カーシャが強引に
Bメカとドッキング。

そのままミサイルを撃ってジグ・マック撃破。

Ideon1005241_18

ううむ・・・ 捕獲が目的の為、イデオンメカを破壊する事が出来ないバッフクランが
圧倒的に不利だな、こりゃ。

 

その後Aメカとも合体し、イデオン完成。

が、やはりゲージが上がらずイマイチなイデオン。

接近してくるイデオンに最大出力で蹴り込むギジェのジグ・マック。

そのまま逃げようとするがイデオンに足を掴まれる。

それを無視し、足を引きちぎって脱出するギジェ。

 

敵の後退を確認し、イデオンはソロシップへ着艦。

そのままアジアン星へ向けてデスドライブに突入。

 

ドロワ・ザンではまだ生きている生体発信機により、ソロシップの追撃体制に入っていた。

「ギジェめ また取り逃がしたのか ギジェ隊が帰り次第、追跡する!」

Ideon1005241_19

『ギジェがつまらぬ男なのか・・・ 巨神の力が偉大なのか・・・』

 

ソロシップでは、コスモとカーシャがルウの見舞いに向かっていた。

Ideon1005241_20

「なぜ檻から出る気になったんだ?」

「さぁ? 分からないわ 早く済まそうと思ったのよね、きっと
 ただ逃げ回るだけだなんて、悲しいじゃない
 それじゃあ、自分を守る事にはならないわ」

「そうだな」

 

次回伝説巨神イデオン アジアンの裏切り

スペース ラナウェイ!!

|

« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第16話「必殺のダミド戦法」 | トップページ | いいのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝説巨神イデオン鑑賞記録 第16話「必殺のダミド戦法」 | トップページ | いいのかな? »