« I love you 恋に落ちた | トップページ | どうかまた会えますように »

Show me your real love 咲かせなさい

その胸に 消せない薔薇を

 

今日は度重なるパンクに悩まされる長男(Y)の為に

遥かなる異国の地のカインズホームにチャリを買いに行く。

 

ノーパンクタイヤではなくて、パンクしにくいタイヤ。

 

どうもノーパンクタイアって評判良くないよね。

詰め物がへたるらしいし。

その評判を元にカインズが独自開発したオリジナル商品らしい。

 

要はゴムの部分が厚くなっていて、少々の突起物が刺さったくらいでは

空気が抜けない、という仕組みだ。

だから絶対パンクしないわけではないし、パンクした際の修理方法は

従来のタイアと同じ。

 

結構この商品売れ筋らしい。

ネットでも中々の評判だった。

安い、ってのが魅力なんだろうね。

 

形状として”ママチャリ”タイプと”クロスバイク”タイプがあったのだが

Yは”ママチャリ”を選択。

何でも荷台があった方が良いらしい。

カッコなら全然”クロスバイク”とかってヤツなのだがなぁ。

まぁ27インチ、7速、自動ライト、Wロックとスペックは申し分ない。

これにパンクしにくいタイヤがついて19800円だからね。

やるね、カインズ。

 

久し振りにYと1日過ごしたけど、中々楽しかった。

それにしてもUSとノーマルって何が違うのだ?

|

« I love you 恋に落ちた | トップページ | どうかまた会えますように »

コメント

「パンクリスクとの戦い」
バイシクルライフをおくる上での 永遠のテーマですワ・・・
「走り」を選べば 当然 「パンクリスク」は増し、逆はリスク減となる。
しかしぃ!!その両方、「走り」と「パンクリスク減」の両立を成し遂げた「街乗り最強バイク」こそがぁ
(要するに・・・中途半端バイク・・・なのだが)
クロスバイクなんですよぉ!!!!
ちなみに「US」と「ノーマル」ってぇのは・・・・「チューブのバルブ形状」ですかね?
乗用車のバルブ形状が「米式」 普通のチャリのが「英式」
それと も1つ主にロードスポーツバイクに使用されているのが「仏式」
きらびやかなキンキラバイクが「百式」・・・・

パンクリスク回避の最大ポイントは「空気圧の管理」
事前の予防に「チューブ内及び、タイヤとチューブの間にカタクリ粉まぶし」なんちゅ~のも裏技です。

投稿: せんなg | 2011年8月 5日 (金) 09時53分

チャリ道も奥が深いねぇ・・・
バルブの話なんてさっぱりぱりぱりだ。

片栗粉は糊状になって空気の流出を若干防ぐと
いうことなのかな?
まぁホント、パンクはめんどい・・・

投稿: かじお | 2011年8月 5日 (金) 20時35分

子供の自転車を買った時パンクしないガスをいれてもらったよ。
どれ位の効果があるかは不明だが気休めだろうか?
韓国とか台湾の自転車がイイって聞いたけど どうなんだろうね?

投稿: ウゴ | 2011年8月 6日 (土) 05時06分

この地球に流通している自転車の「9割」が
・・・・・じつわ台湾製。

投稿: せんなg | 2011年8月 6日 (土) 09時39分

へーそうなんだ。
残りの一割は、アナハイム製でしょうか?
bd1を買おうかと真剣に考えてます。
秋の値下り待ちです。

投稿: ウゴ | 2011年8月 6日 (土) 19時36分

なるほろ。
台湾のチャリはそんなスゲいのか。
しかしチャリンコの産地なんて拘った事なかった・・・。

ガスを入れるとパンクしにくくなんの?
どういう原理なんだろ。

投稿: かじお | 2011年8月 7日 (日) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« I love you 恋に落ちた | トップページ | どうかまた会えますように »