« 逢いたくて何回も 逢えなくて何倍も | トップページ | 記憶の記憶 その1 »

ジャンルは

想定科学アドベンチャー?

 

シュタインズゲート絶賛プレイちう!!

 

ようやくチャプター3に入ったのだけど、これゲィムじゃないね。

サウンドノベルだよ。

自分の意思が介入するとこが殆どない。

”今のところは”、なのかもしれないが、もう何時間がプレイしてるんだから

さすがにここまでで無ければ無いだろう。

 

内容の詳細はまだ観ていない人もいるので書かないが、パッケージに書かれている

程度の内容で紹介すると、話はタイムトラベルを軸に進むSF。

SFだからといって、ロボットが出てきたり、宇ちう人が攻めてきたり

魔法が使えたり、モンスターを狩ったり、という方向は期待してはいけない。

時をかける少女、あるいは、バックトゥザフューチャーを思い浮かべると

良いだろう。

そんな話が秋葉原を舞台にオタク達をメインに進んでいく。

 

やってて自分でも驚いたのだけど、秋葉原の場所が架空の元ネタも含めて

分っちゃうんだよね。

伊達にウロウロしてたワケじゃないね。

 

だが・・・

 

ネット用語っての?

そっちの方はさっぱりぱり・・・。

でもこのゲィムには用語解説がついているので、内容を確認する事が可能。

”邪気眼”ってそういう意味だったのか。

桐乃が黒猫に良く言っていたけど、そういう事だったのね、納得。

 

で、プレイちうなワケですが・・・

 

ちとねぇ、疑問に思う事があるワケですよ。

最後までやると解決すんのかなぁ。

「そう思った時点でダメじゃねーの?」的な。

「既に届いていない時点でダメじゃねーの?」的な。

内容が書けないのでワケの分らない話になっちゃうが・・・。

 

まぁ取り合えずこのまま邁進致します。

一番人気はクリスティーナです。

今回は正統派です。

|

« 逢いたくて何回も 逢えなくて何倍も | トップページ | 記憶の記憶 その1 »

コメント

「もう何時間か・・・」
そんなもんじゃ、まだまだ「始まりと終わりのプロローグ」なんじゃないでしょうか??
分岐しまくって行くみたいですよ。
あれだけヒロインがいますからねぇ・・・・6人・・・6人×3パターンくらい?
最低でも18パターンのエンドが存在するんじゃないかと。

投稿: se/na | 2011年10月17日 (月) 09時23分

おおう!!
ギャルゲー要素もあるのかぁ。

しかし今回は(知らなかったのもあるが)ストーリー重視。
タイムトラベルの理論が気になります!
ギャルよりも真実を、真相を知りたい感じです!

投稿: Ka-TheO | 2011年10月17日 (月) 20時52分

「ギャルゲ要素」んとこは・・・・あくまでも予想ですよぉ・・・・
おとす、おとさない、っちゅ~かぁ、
一人 一人のエピソードはアニメには有りましたよ。

朝比奈さんの「TPDD」も、なかなか痺れるタイムトラベル設定でしたが、
S;Gの設定も、ググッときましたよぉ!

投稿: se/na | 2011年10月18日 (火) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逢いたくて何回も 逢えなくて何倍も | トップページ | 記憶の記憶 その1 »