« 愛の読書週間 | トップページ | 以耳代目 »

二十年目の真実

今日は会社のボーリング大会。

 

実は勤続二十有余年の俺だけど、ボーリング大会は初参加。

ちなみに餅つき大会はゼロ。

 

今回も最初は全く行く気が無かったが、レクの事務局のひとから

我々の部署がチーム人数5人に届かないので、もしよかったら・・・という誘いがあった。

正直、偉い方々の指示だったら蹴ってるとこだが、その人は自分よりも年下で

でも凄く良い人で、色々と借りもあったので参加させて頂く事とした。

 

でもね~、ボーリングなんてやんの、多分10年以上ぶりなんだよ。

そして恐らく間違いない確率で明日は筋肉痛だよ。

なので、ボールは13で。

昔は15で軽々やっていたのになぁ~・・・。

 

様々な世代が集まっているので、若い人=強い、年寄り=弱い、とは限らない。

所謂ボーリング世代の方々が、決して豪快に投げるワケではないけど

コンスタントに点を重ねていく。

200越えの人もいてみんなすげぃなぁと思った。

 

かく言うワタクシめですが、結果は散々。

1ゲーム目が97で2ゲーム目が107。

でもまぁこんなもんだろうと思う。

体力の集ちう力も落ちたよね・・・。

 

そんな感じでケガせぬよう、明日の仕事に差し支えぬようやっていたら

「かじおさんはパワーボーラーですね」と言われた。

え?

パワーボーリングの30%も出してないけど?

俺ってそういうタイプだったのか、と痛感。

 

でもこの歳でパワーでやってちゃダメだよね・・・。

40過ぎたらそろそろ、しゅ~~~~~ってフォームで、しゃーーーっと投げて

しゅるしゅるっと曲がってストライク、みたいな。

そんなボウラーになりたいね。

 

最初は全く行く気が無かったボーリング大会だけど、行ってみたら結構楽しかった。
(まぁメンバーのよるけど)

ボーリングも久々にやると楽しいね。

倒れても倒れなくても、みんなでワイワイやりながらやるのは楽しい。

ただ、ボーリング場で会話してるとどうしてもノドが枯れるね・・・。

|

« 愛の読書週間 | トップページ | 以耳代目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛の読書週間 | トップページ | 以耳代目 »