« 脂肪遊戯 | トップページ | 届かぬ思い »

11人いる!

確か萩尾望都氏の作品だったか

 

真かまいたちの夜の舞台は、遠野物語で有名な岩手県遠野市にある

ペンション「ブラウニー」。

ここには10人の客が宿泊する予定だったが、当日は11人の客が集まった。

オーナーが予約表を紛失してしまった為、やって来た客毎に確認を取りつつ

宿帳に記入する始末。

その確認作業も諸々あって、誰が11人目なのかは分らない。

 

 

例によって仕事の合間に考えてみた結果、それが誰か、は分った。

これは間違いないだろう。

そうすると自ずと言動がおかしい人物が出てくる。

恐らくその人物が犯人で間違いないが、まだまだ疑問の残る点も多々あり

完全に証明出来る自信はない。

 

てなワケでこれから寝る前の2周目後半戦に突入するワケだが

考えてみると世の名探偵さん達はすごいなぁと思う。

事件が起こると分って読んでいて、しかも1度起こった事件を再度おさらいまで

しているのに中々真相に辿り着けないのに、平和な日常を過ごしている中での

突然の事件なのにも関わらず、注意深く細かい事を見て、記憶して、解決に

至っているんだからホントすごいよ。

 

さぁ、行くぜ2周目後半戦。

楽しみになってきたZe!!

|

« 脂肪遊戯 | トップページ | 届かぬ思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脂肪遊戯 | トップページ | 届かぬ思い »