« 勇者は騎士の孤槍を受けて | トップページ | 茜色の空 後編 »

茜色の空 前編

MH4G 村★9、★10 ネタバレ有ります。

 

 

村クエ回収終了!!

20141017_115949

あれ?もう?

みたいな感じだけど、まぁ追加分だからね。

しゃーないね。

まだ★10もあるし、終わったワケじゃないけど。

 

で、ついにセルバンテスですよ。

狂竜の更に上の極限状態とかいう。

研究所では対極限状態アイテムを開発ちうなんで期待しろ、と言われたが

ちっともそんな気配が無いんで倒しに行く事にした。

題して「乱刃、すべてを断つ」

 

マップは未知の樹海。

ランダムマッピングのトコだね。

セルバンテスと接触するエリアでムービー。

 

お!!、そのセルバンテス剥ぎ取れんの!?と思ったら、そんなに甘くは無かった(笑)

 

ムービー後にカットイン。

弾かれにくくする抗竜石が出来たんで、姉さんが持ってきてくれるらしい。

 

た・・・確かに・・・攻撃が全然入らん・・・

早く来てくれ!!姉さん!!

 

「アラ~ ごきげんよう」

 

来たか!! 石くれ!石!!

あ、でも俺もう防御用の石着けてるけど・・・?

と、思ったら2個つけれた。

 

おお!攻撃が弾かれなくなった!! やるな~研究所ジジィ!!

 

セルバンテス接触後、数分で死亡寸前まで追い込まれた時は

「コレは勝てねぇ・・・」と思ったが、攻撃が入るようになってリズムが掴めたのか

JoJoに立ち回りが決まるようになってきた。

 

しかし裂傷キツい・・・

 

しかも極セルバン、撃ちまくり・・・

 

決して楽勝とはいかなかったが、何とか狩猟完了。

Dsc_0023

めっちゃ強かったには強かったんだが、このクエ金冠確定?

Dsc_0024

 

正直、この先の極限系モンスとの対戦が思いやられる・・・。

姉さんの話だと今回の弾かれ無効(なワケではないが)の石は試作品らしい。

研究所ラインナップには並ばないのだろう。(並ばなかった)

G級の極限ってどんなになんだよ・・・(とほほ)

 

まぁ取りあえず仕事はした。

 

戻ってみるとクシャナ討伐で盛り上がってるドンドルマ。

 

久々の戦闘街への突入だ。

飯は砲術がイイんだろうなぁと思いつつも防御系を注文。(笑)

勇んで行ってみると・・・・、やっぱ砲術系だったね(笑)

 

このクエは狩猟っていうよりも、移動式大砲、撃龍槍、巨龍砲の操作を覚える回

って感じ?

恐らく順番にちゃんと操作していけば、クシャナと戦う必要なく撃退出来たのだろうと

思う。

俺の様に下に降りて真っ向勝負しなくても。(笑)

 

最終的に巨龍砲を撃てばクエは終了。

俺の苦手な作業系だけに、結局撃龍槍は操作が分からず撃たず仕舞い。(笑)

毎度jの安定のドタバタっぷりでした。

 

だが何とかドンドルマの平和は取り戻した。

 

てか、筆頭チーム、カッケぇ!!

完全に俺、空気だったけど、あのクシャナは彼らが撃退しなければ

ならなかったのだよね。

チームの活躍を見た師匠は、己の剣をリーダーに託し、ドンドルマを後にするのだった・・・。

てか、師匠見納めなんだね。

それはちょっと寂しい。

だが、きっとリーダーがその跡を立派に継いでくれるのだろう。

 

暗雲立ち込めていたドンドルマの空は、もとの青さを取り戻していた。

|

« 勇者は騎士の孤槍を受けて | トップページ | 茜色の空 後編 »

コメント

泣けたよぉぉぉ......
リーダー、カッコよすぎる。
マジメに、最高傑作! カプコン最高の一打!!

投稿: せな | 2014年10月18日 (土) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勇者は騎士の孤槍を受けて | トップページ | 茜色の空 後編 »