« そしてGへ | トップページ | 汚れちまった悲しみに »

狩られ過ぎ! ガララアジャラに!!

長い1日だった・・・。

 

「このクエをやれば高難度以外のG1は終了だぜぃ!!」

 

とボルテージを上げて挑んだクエ。

無事完了して帰還するも、お姉さんに会話の吹き出しナッシング。

 

恐る恐る依頼を確認してみると・・・・

 

 

1ページ丸まる追加されてた!!(☆o☆ )

 

 

流石に気力が尽きた金曜日。

 

そして1日置いた本日。

再チャージされた気力、全開で再びハンター稼業へ。

 

しかし今回は大きな山が控えていた・・・。

 

 

「氷琴を奏でる水蛇竜」 ガララアジャラ亜種

 

 

どうもこのガラガラ蛇苦手・・・orz

あの”かごめかごめ”がチョー!ハラタツ!!

インチキ極まりない技だが、尻尾にちょこっと触れただけでいちいち尻餅つく

俺も俺だ!!

あれ、ネコ飯で無効化出来るのかなぁ。

 

相当なストレスを溜めつつ、2死でようやく勝利・・・。

 

終わった~・・・と思って戻ってみると、また新たなクエが。

 

「絞蛇竜は踊り奏でる」 ガララアジャラ

 

またか!!

またやんのか!!

 

こっちの方が”かごめかごめ”は抜けやすいような気がするが

鱗発射→(なぜか咆哮硬直)→音響爆破→(なぜか気絶)→体当たりのコンボで死亡。

なんだコレ?

アリ?コレ。

 

BCから向かった直後に、同じコンボくらってまた死亡。

こちらからの攻撃一切ナッシング。

 

なんなんだコレ!?

 

俄然メルトダウン状態だったが、気力を振り絞って続行。

 

タダでさえコイツは下がり系で攻撃がスカりまくる上に、地ちう攻撃してくるんで

全然斬れずに時間ばかり過ぎていく。

しかもこいつの地ちう攻撃は、本当にインチキ。

 

今まで色んなヤツが潜行→突上げの攻撃はしてきた。

潜ったと同時に突上げ!!みたいなインチキはあったが、それは百歩譲って

由としよう!!

コイツのバヤイ、潜って進んでった先より後ろからまた突っ込んで来るんだよね。

さすがにそのレベルのインチキは今まで無かったと思うよ。

コイツはハプルみたいな、潜行後に何度か地上に姿を現しながら

浮き沈みして突進してくるんだけど、明らかに地ちうでワープしてる動き。

だから進み先を読んで避けるコトが出来ない。

てか、もうやたらめったらダッシュして避けるしかない、っていう非常につまらない

攻防になってしまった。

そういえばカニも移動土煙なしで突上げてくるし、4(G?)からの仕様なのかな?

正直これはガッカリ・・・。

モンスターを強くしなきゃならないのは分かるが、こんな無茶苦茶な攻撃するんじゃあ

ある意味本体が改造レベルだよ。

潜行ちうは探知不可になったのって、この為の伏線だったのかなぁ。

 

まぁそんな仕様にも負けず、何とか討伐完了したものの、精魂尽き果てたので

続きは夕方へ。(ここまでは午前の話)

 

しかし今日の山は実はもう一つあった・・・。

 

「大地と魅惑とハンターと」 リオレイア・フルフル亜種 同時狩猟

 

これ時間足りねー!!

 

1回目で赤フル討伐、レイア瀕死まで行ったが、残り時間26秒でレイア移動だったんで

諦めてサブタゲクリア。

レイアの尻尾から紅玉が出たから良しとするか・・・。(するしかない)

 

気を取り直して2回目。

 

赤フル逃げ過ぎだよ・・・。

時間稼ぐ稼ぐ。

天井張り付いたり、ぶら下がったり、電気身に纏ったり・・・。

 

1回目よりも余計に時間かかったんで、完全に諦めモードで3死で戻ろうと思って

レイアの尻尾狙いで攻撃(笑) (赤フルで1死)

更に1死するも、ネコが尻尾をザックリやっちゃってくれたんで

素材回収でもう死ぬか、と思ったが取り合えずギリギリまでやってみようと思って

続けてみたところ・・・

 

Dsc_0001

 

残り37秒!!

ヤバかった・・・!!

てっきり一番下の9番で寝るものとばかり思っていたが、まさかの7番だったとわ!!
(マップは地底洞窟)

いや~、自マじゃなかったら完全に諦めてた。

アイコンが青になったんで、「もしや・・・?」と思ったんだよね。

やっぱり最強スキルだよ、自マ。

 

そしてついにG2緊急クエ発生。

Dsc_0002

しかしまだG1が残り2ページ・・・。

Dsc_0004

Dsc_0005
まぁ、これは先にG1をやらねばならぬでしょう。

 

と言っても今日はもう限界。

流石に疲れた・・・。

 

今はおやすみ、壱。

|

« そしてGへ | トップページ | 汚れちまった悲しみに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そしてGへ | トップページ | 汚れちまった悲しみに »