« プランは150文字以内 | トップページ | チーハバ »

星唄

しみじみ呑めば しみじみと

 

さてさて、前の記事でゲィムについて書いたが、今回もゲィムについて

語らせて頂こう。

 

当初はPS4で、と思ったが、あまりにもソフトが出ていないので、PSVita、PSP、PS4

の中で探す事にした。

 

まず検索してみたのはフライトシミュレータだが、これはそもそもゲィム自体が

全然出てなかった。

俺的にはエースコンバット的な爽快感重視のヤツを期待していたが、リアル操作重視の

激ムズ仕様のものしか見つからず・・・。

なので、この分野は断念。

 

で、お次はお得意の恋愛物。

色々検索してみたところ、アマガミ、キミキス、フォトカノのシリーズ?が

手堅いとこらしい。

取り合えずフォトカノは長男Yが持っていたのでそれをやることにした。(PSP)

 

しかし・・・

 

検索ちうに気になったソフトがある。

車輪の国、向日葵の少女。

これ、絵が俺的には合わない感じなのだが、シュタゲ、カオヘ等でお馴染みの

5pbが関わっており、シナリオが絶賛の嵐なんだよね。

元々はエロゲらしいんだけど、当然コンシューマはそこは抑えた描写に

なっていると思うんだが、色んな人の感想を見ると話が面白いらしい。

単純にギャルゲーではないようだ。

ハードはPSPなのだが、これもやってみたい1本。

中古屋めぐりが始まるかな。

 

こちらは検索したワケではないのだが、戦術シミュレーション系として1本。

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威。

これもYが持っていたんで、やってみるか、という感じ。

思えば俺のシミュレーション人生は、信長の野望がスタートだろうなぁ。

その後、第二次スーパーロボット大戦(笑)、ネクタリスと続く。

ネクターはやったなぁ・・・。

1面毎にリセットが掛かるので、厳密にはシミュレーションではなくて

詰め将棋的な感はあるけど、その分手軽で面白かった。

今でもハンターは脅威の存在。

そしてナスホルンは俺の友達。

ホークアイ(対空砲)も好きだった。

 

このギレンの野望。

タイトル的にはジオン寄りだが、俺的には当然連邦軍。

しかし連邦はMSがない序盤がキツいと聞く・・・。(ガンダム系シミュは全てそう)

 

最後にFF11。

 

ついに最終章が今月配信されるらしい。

拡張版という形ではないようなので、無料配布的な感じになるのかな。

 

10年以上続いたFF11もいよいよ終わりかと思うと、色々感慨深いものがある。

 

生まれて初めてのネトゲ。

出会いあり別れあり、楽しい事も悔しい事も悲しい事もいっぱいあった。

ネトゲとはなにか、という事を教えてくれたゲィム。

それがFF11だった。

今思うとモテ期だったなぁ、俺(笑)

 

FF11はサービス終了のその瞬間に立ち会ってもイイかなと思っている。

それも初めての事だし。

FF14でそれはおこがましい感じがするけれど、FF11では俺は許されるだろう。

ずっと継続してプレイしてきたワケではないので、優良ユーザーとは言えないかも

しれないけれど、それでもそれなりに関わって来た自負はある。

ここ最近も全然課金しちゃいなかったけど、最後となればそれなりにやるさ。

 

俺がMH4及びG’に関わっていた間も続けていたYによれば、ラス前拡張の

アドゥリンの秘境も、装備が揃えば何とかシナリオを完了させられそうな

状況にはなってきているらしい。

どうせサービス終了を向えるのなら、装備や武器はともかく、シナリオは

コンプリートした状態で迎えたい。

FF11ってこんな話だったんだよ、と後世に伝えられる人になりたい。

 

きっと泣くんだろうな、FF11最期の刻は・・・(笑)

 

6月にはカオチャ、夏色ハイスクル青春白書。

9月にはメソがPS4で待っている。

久々にゲィム魂に火が点いてきたな。

|

« プランは150文字以内 | トップページ | チーハバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プランは150文字以内 | トップページ | チーハバ »