« その船を漕いで往け | トップページ | 安心して下さい »

ずっと そばに いてよ

ドラえもんの映画観た。(TVでだけど)

 

いや~~~泣いた。

そして静香ちゃん可愛い(笑)

かなり惚れた・・・。

大人になった静香ちゃんが出てくるのもニクいよね。

 

しかし!!

 

 

今回の劇場版は俺が言うまでもなく静香ちゃんがメインではない。

静香ちゃんとの結婚話も一つのエピソードでしかない。

 

やはり主役はのび太とドラの二人。

 

それぞれのエピソードは最後の別れを盛り上げる為の演出でしかなく

メインはあくまでものび太の成長と、ドラえもんとの別れだ。

 

原作では連載の都合上全く成長しないのび太だが(これは仕方ないよね)

この映画ではきっちりと成長していくのび太が描かれ、ドラえもんとの別れの場面も

観ていて納得のいく流れになっている。

「のび太、やる様になったじゃん」と涙ながらに納得できる。

 

でも、

 

それでも、

 

ドラえもんが居た方が楽しいよね。

居て欲しいよね。

 

困った時に助けてくれるスーパーマンではなく、ずっと甘やかしてくれる保護者でもなく

一人の友人としてのび太はドラえもんと一緒に居たかったんだと思う。

それも彼の成長だったんだろうなぁ・・・。

 

F氏の最終回はどのシリーズにホント泣けるね。

ありがとう、ドラえもん。

|

« その船を漕いで往け | トップページ | 安心して下さい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その船を漕いで往け | トップページ | 安心して下さい »