« アーマードコアも!? | トップページ | 醴泉島 »

どうすれば狩技を使いこなせるのか

はい、今回は狩技の話。

 

と、

 

言ってもね。

 

正直、大剣以外の狩技は興味が無いので、その他は割愛(笑)

 

あ、そうそう。

たまたま、次課長の井上氏とカポコンの人の、モンペケ紹介動画を

観たのだが、そこでスタイルについて紹介されていて、サンプルが大剣だったのよ。

で、それぞれのスタイルについて、大剣の花形である溜め斬りの違いが

紹介されていた。

その内容をまとめたのがこちら。

20151117
 

これはDoなんだろうねぇ・・・。

俺的には”強溜め”は使わない派なので、ストライカーの方が良い気もするが・・・。

ちなみにエリアルは跳んでいない状態では全く溜めれま10。

空ちうで溜めが出来るものの、一瞬なんで溜め2以降と比べると威力は

どうなの?、という感じ。

ごめん、なんでブシドーが無いの?、と問われれば、忘れちゃったから(テヘペロ)

 

そんでもって、今回のメインである狩技だが、これには大きく分けて2種類ある。

1つは武器種関係なく、共通でセット出来る狩技。

もう1つは言わずもがなだが、武器種毎にセット出来る狩技。

この武器種毎にセット出来る必殺技的な狩技は、通常は1つしかセット出来ないが

ストライカーのみ3つセット出来る。(共通も含めてセット数のMAXは3)

 

先ずは共通の狩技だが、

ヒールゲイン(回復効果、回復速度UP)

絶対回避(その場から緊急離脱)

鉄鋼身(ダメージ・のけぞり無効、ダッシュ不可)

エスケープランナー(モンスターを背にした逃げ、卵運搬ちうダッシュ、でスタミナ無限)

完全調合(調合成功率UP & 最大生産数確保)

狩人のオアシス(範囲内で誰でも持続的体力回復)

不死鳥の息吹(全ての状態異常解除 & 異常解除分の体力回復)

が公開されている。(更に追加があるのかは不明)

言うまでもないが、全て時間制限あり。

但し、1狩につき1回のみ、というワケでも無い様なので、何回か使えるのだろう。

オアシスなんかはパーリーでは使えそうだね。

ハメ状態での絶対回避も頼もしい存在になりそうだ。

恐らく完全調合は死に狩技だろう(笑)

 

んでもって、大剣専用狩技。

獣宿し【獅子】:発動後の次の一撃がパワーアップ(発動時納刀)

震怒竜怨斬:めっちゃ溜めて斬る 溜めちうは怯まず吹き飛ばない

地衝斬:地面を擦りながら前ダッシュして切り上げ、衝撃波を起こす

 

カッコ良さでは断然、地衝斬。

地走りの斬撃が美しい。

しかし使えるのは震怒竜怨斬だろう。(なんて読むん?)

今まで散々スーパーアーマー状態とかぬかしつつ、モンスターにバンバン

キャンセル→吹っ飛ばされてた恨みをついに晴らす時が来たぜ。

全ての攻撃を無視してがっつり溜めるその雄姿は、大剣使い待望の技だろう。
(例によって効率は知りません)

勿論ダメージは入るので、体力がゼロになってしまったら死亡だが

こちらの渾身の攻撃を簡単にカウンターされてた過去を思えば、かなりの進歩だ。

てか、ハンター撃ち負け過ぎ・・・。

今度は奴らの好きにはさせぬ。

サマソを叩き落すのが俺の夢。

 

 

スタイル、狩技と語ってきたが、やはり今回のペケは、ド派手アクションが

メインになってくるようだ。

恐らく正統ナンバリングシリーズには数えないと割り切っての祭りなのだろう。
(だからXなんだろうし)

という事で、来るべきMH5thでは元々の地味路線に戻ると思われるので

今回の祭りは存分に派手さ楽しむべきだろうと思う。

華麗に狩る。

もしくは、華麗に狩られる。

これがコンセプトなんだろうな。

モンスター組合も、今回の祭りに合わせて相当の強化を図ってきているようだ(笑)

二つ名モンス素材のレア度Xなんかは、その最たる物だろう。

 

モンペケこそ効率に拘らず派手に行きたい。

装備も無駄に派手に行きたい。

スキルとかどうでもイイ感じで、見た目重視のパフォーマーとなりたい。

その為の狩技であり、狩猟スタイルなんだろうしね。

今回のモンペケが、また新たなモンハンの流れを作ってくれれば良いのだが・・・。

|

« アーマードコアも!? | トップページ | 醴泉島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーマードコアも!? | トップページ | 醴泉島 »