« アホだなぁ~♪ | トップページ | さらばムウ »

Start your enging

友よ、君は誰に未来を託すのか

 

2015110701
今更なのは重々承知で書くが、終わってしまいましたなぁ、ドライブ。

 

平成ライダーの中では一番カッコイイデザインだと思っていたんだよね。

密かに。

 

と、言いつつも、正直平成ライダーはほぼ観てない。

555を少し観たって程度。

ドライブは一番観たとは思うが、それでも序盤の数話と、終盤の数話を観た

だけなんだけどね。

 

てか、多分一番イイトコを観たんだろうなぁ(笑)

チェイスが死ぬ回は、猛烈に号泣した・・・。

チェイス好きだったんだよね。

2015110702
人間を知ろうとして、人間に近づこうとして、それは時にコミカルな行動に

なってしまったのだけれど、とても愛おしく感じる人でしたよ。

「俺とお前はダチではないが・・・」には泣け過ぎた・・・。

そして剛の、「こんな事になるなら、あん時はっきり言ってやれば良かった

お前はもう、俺のダチだって・・・!」 これは泣くわ。

号泣するわ。

 

もう取り返しがつかない。

もう伝える事は出来ない。

あの時チェイスが求めていた言葉には、永遠に応える事は出来ない。

でもきっとチェイスは。

そんな剛の事を嫌いになんかなってはいないし、恨んでなんかいない。

寧ろ、一番のダチだと思ってこの世を去ったはずなのだ。

そしてその気持ちは、剛が一番分かっていて。

だからこそ泣けるのだなぁ・・・。

 

結局ドライブの悪の親玉は、蛮野というワイルド7の悪役的な

同情する余地の無い根っからの悪党(笑)なのだが、コイツは結局チェイスと剛の

コンビに倒される。(その結果チェイスは剛を庇って命を落とし、上記のセリフに繋がる)

主役が親玉を倒さない展開になるワケなのだが、ここの流れは全く違和感ない。

というより、剛が倒さなければならない相手だった、と言えるのだ。

 

主役は主役で、ラスボスとなる蛮野の作ったプログラムと戦うことになる。

敵役だったヤツと共闘して倒すのだが、その辺りの流れもアツい。

メデイックが最終的にハート様ではなく、泊の腕の中で死んでいく展開もイイ。

やるなぁ・・・スタッフー。

 

そしてラスト。

 

泊 進ノ介はベルトさんに頼る事なく、本当の意味での仮面ライダーへ変身し

彼の止まった時間は、本当の意味で再び時を刻み始めるのだった。

|

« アホだなぁ~♪ | トップページ | さらばムウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アホだなぁ~♪ | トップページ | さらばムウ »