« 出会い | トップページ | タイフーン3号 »

Recollections

色々あった一週間だった・・・。
 
 
精神的にも色々とクる一週間だった・・・。
 
仕事にプライベートに色々と・・・。
 
全然関係ないのだけれど、小林麻央さんが亡くなったのもショックだった。
ご冥福をお祈りいたします。
 
と言っても、ヘビィな事ばかりあったワケじゃない。
凄く楽しかった事もあって、躁鬱の激しい一週間だった、というのが正しい表現かも。
偶然に偶然が重なったのだけど、結果としては良かったと思う。
これからまた頑張れる様な気がします。
 
 
まぁそれはさておき、たまたまGYAOの無料配信で、「怪獣倶楽部」なる
ドラマを視聴。
時々見かける記事で気にはなったいたのだけど、無料だったんで観てみた。
 
所謂、同人サークルのお話で、1話ごとにウルトラマンシリーズの1話を考察していく
ストーリーになっている。
で、主人公の恋の話もありつつ、みたいな。
考察の対象になるのは主にウルトラセブンの話。
「ウルトラマンはセブンが一番面白いよね」と言っておけばセーフ、みたいな
風潮に乗っかったヤツ?と思われるかもしれないが(笑)、時代設定が1970年代なので
そもそも、マンとセブンしか放映されていない。
まぁ、その年代を狙う、というのが故意犯という説もあるけどね。
 
このドラマの良いところは4話でおしまいってトコ。(笑)
1~3話が無料公開ちうで、最終4話が放映されるんだか、放映されたんだか
ってタイミング。
来週にはその最終話も無料公開になると思うので、是非チェックしてみて欲しい。
 
 
そのドラマのなかで考察されたのが、1話「狙われた街:ウルトラセブン#8」
2話「セブン暗殺計画:ウルトラセブン#39-40」、3話「さらばウルトラマン:ウルトラマン
#39」の3話。
最終回は「史上最大の侵略:ウルトラセブン#48-49」らしい。
 
この考察の中。
3話の「さらばウルトラマン」の中で、仮にゼットンとゾフィーが戦っていたら
どっちが勝ったのか、という論争があった。
「マンが全く歯が立たなかった相手なのだから、いくらゾフイーでも無理」
という説と
「ゾフイーはゼットンを倒す何らかの手段を知っていたが、敢えて地球人に託した」
(戦えば勝っていた)という説に分かれ、それが物語の重要な要素になるのだが・・・。
 
物語についてはネタバレになるので触れないが、この「ゾフィーとゼットンは
どっちが強いのか」というのには、ちょっと興味がある。(笑)
まぁ正直ウルトラマンシリーズ(特にマン・セブン)は、かなりコアなマニアによる
深い考察論が既に存在している為、迂闊な事は書けない作品ではある。
(ガンダムもそれに近い)
しかし所詮は身内ブログなので、素人考察でも許されるかなぁと思うので
いつか書いてみたいと思う。
正直、考察の為の知識は殆ど無いが、無いなりの考察ってのも面白いだろう。
それは、また日を改めて。
 
 
それにしても色々あった一週間だった。
来週末はいよいよ棚卸。
それが終われば一段落かなぁ・・・。

|

« 出会い | トップページ | タイフーン3号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出会い | トップページ | タイフーン3号 »